【マイクボールダイブエクスペディション公式日本語サイト】オーストラリア・ケアンズのグレートバリアリーフ、コーラルシーへのダイブクルーズ
7泊8日究極のミンククジラクルーズ

7泊8日究極のミンククジラクルーズ

クルーズ期間: 7泊
可能なダイブ本数: 22ダイブ
ドワーフ・ミンククジラとのシュノーケリング&ダイビング。世界的にも珍しいクジラとの遭遇。

クルーズ出発日

2022年6月9日
2022年6月16日
2022年6月23日
2022年6月30日
2022年7月7日
2022年7月14日

予約可 残席僅か 満席

Play Video

7泊8日究極のミンククジラクルーズに含まれるもの

  • ミンククジラ:ミンククジラと遭遇するためのスケジューリング
  • コンチネンタルシェルフ(大陸棚):ケアンズの北100マイルの棚の端に位置する、栄養価の高い海のため多くの海洋生物が集まる場所でのダイビング。
  • リザード島および北側の島々:ダイビング、シュノーケル、カヤック、またはこれらの美しくて滅多に訪れることのない離島に行くことができます。 これらのサンゴ礁は、ソフトコーラル、ハードコーラル、生物、魚の群れなどの多様性が素晴らしく、リボンリーフとは違ったダイビング体験ができます。カヤックで無人のビーチに行ったり、浅瀬のサンゴ礁の上でシュノーケリングをしてみましょう。パンダナス類の植物が茂る遊歩道を歩いてChinaman’s Ridgeまで行くと、島全体とサンゴ礁の壮大な眺めを楽しむことができます。
  • リボンリーフ:グレートバリアリーフの中でも特に魚やサンゴの生物多様性に優れたエリア。
  • Cod Hole :ダイバーサイズのポテトコッド(カスリハタ)と一緒に泳ぎましょう。
  • 代表的なダイビングスポット:Lighthouse Bommie, Gotham City, Pixie Pinnacle, Coral Kingdom, Cracker Jack, Flare Point,  Summer Bay
  • Steve’s Bommie:大小さまざまな海洋生物の多様性が見られるクルーズでのハイライトダイビングスポット

重要事項

最後のダイビングから次のフライトまで24時間以上、空けることが推奨されています(全てのダイビングは水曜日の5:00 pmまでに終了します)。

特徴
ミンククジラと豊富な水中生物
必要レベル
初心者からアドバンスレベルダイバー及びスノーケラー
出港地
木曜日18時、ケアンズトリニティーワーフ(16時までにマイクボールオフィスにてチェックインが必要)
帰港地
木曜日8時、ケアンズトリニティーワーフにて下船
10月 2021
月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7

お問い合わせフォーム

マイクボールダイブエクスペディションロゴ

ダイブクルーズ予約フォーム

英会話レベルに関して:
MBDEには通常、英語を話すスタッフのみ乗船しており、書類などに関しては英語を読んで理解することが必要です。ボートやダイビングのセーフティーブリーフィングを受ける際には、英語が理解できるか、そうでなければ通訳となる方が同行していることをお勧めします。英語が苦手なダイバーは、安全上いくつかのダイブができなくなる場合があります。
必要である場合、日本人ダイブスタッフをプライベートガイドとして乗船させることは該当クルーズにおける予約状況によって可能ですが、料金表にあるプライベートガイド料金がクルーズ代金とは別に必要となります。予約前に遠慮なくご相談ください。