【マイクボールダイブエクスペディション公式日本語サイト】オーストラリア・ケアンズのグレートバリアリーフ、コーラルシーへのダイブクルーズ
ヨンガラレック&コーラルシーエクスペディション(7泊)

ヨンガラレック&コーラルシーエクスペディション(7泊)

クルーズ期間: 7泊
可能なダイブ本数: 29ダイブ
タイムスリップして歴史の中に飛び込んでみてはいかがでしょうか。世界有数のレックダイビングとコーラルシーの最高の海を一緒に楽しめます。

クルーズ出発日

2022年3月17日
2022年4月14日
2022年4月21日
2023年3月16日

予約可 残席僅か 満席

Play Video

7泊8日ヨンガラレック&コーラルシークルーズに含まれるもの

  • ウィーラーリーフ(Wheeler Reef) – 白い砂地と壮大なサンゴ礁、魚の群れ、サメ、カメ、エイなどが見られる手つかずの自然のままのプラットフォームリーフを探検してみましょう。
  • ヨンガラレック(SS Yongala) – 1911年に沈没したオーストラリア最大の歴史的沈船で、水深14~28mに沈んでいます。世界のレックダイビングトップ10に入ると言われているヨンガラ号は、その信じられないほどの多様性と豊富な海洋生物で知られています。クイーンズランドグルーパー、ウミヘビ、シャベルノーズドエイ、大物の群れなどが、ヨンガラ号には数多く生息しています。
  • SS Gothenburg&オールドリーフ(Old Reef) – SS Gothenburgの歴史はヨンガラ号に比べてあまり知られていませんが、ヨンガラ号と同じような悲劇的な運命のストーリーがあります。オールド・リーフに散らばっているこの沈船は、オーストラリアの海洋史の中でも魅力的な存在であり、現在は美しい珊瑚礁の中に眠っています。
  • フリンダースリーフ(Flinders Reef) – 300mを超える垂直のドロップオフと40mの視界を持つ壮大な壁。Trigger HappyとFan Fairでは、ソフトコーラルとハードコーラルに囲まれます。巨大なソフトコーラル、ウミウチワなどがCod Wallを彩り、そこには古代の巨大ウミウチワが5m以上にも成長しています。サメやマグロ、バラクーダがリーフの斜面をパトロールし、流れが分岐するリーフの先端では魚が群れをなしています。
  • ホルムズリーフ(Holmes Reef) – Amazingでは、深淵のドロップオフとリーフトップを結ぶ広大なスイムスルーやクレバスを探検できます。また、色鮮やかなソフトコーラルやウミウチワ、生物、魚の群れなどが見られるNonki Bommieを一周してみるのもいいでしょう。

スポイルスポートはオーストラリアで最も多くの賞を受賞しているクルーズ船です。贅沢な料理と、ダイバーに便利な設備、スペースと安定性を兼ね備えた最高のコンビネーションをお楽しみください。

天候

天候のスケジュールで旅程が変更になった場合は、スポイルスポートの他のおすすめダイビングスポットが代替ポイントとして選ばれます。

重要事項

最後のダイビングから次のフライトまで24時間以上、空けることが推奨されています(全てのダイビングは水曜日の5:00 pmまでに終了します)。

ダイブサイト保証:

スポイルスポートの優れた安定性は、お客様のクルーズアイテナリーとスクーバダイビングエクスペリエンスへの影響が最小限です。天候の影響でスケジュールが変更になった場合は、海況をもとに「安全でアクセス可能な場所」に移動し、お客様にコンディションに合わせて最高のスクーバダイビングをお届けします。コーラルシーは強風時にはアクセスできない場合があります。

すべてのアイテナリーはやむおえず変更されることがあり、また特定の水中生物を保証するものではありません。

特徴
信じられないほどの魚影とレックダイビング
必要レベル
アドバンスレベル、または過去12ヶ月以内の5ダイブを含む15ダイブ以上の経験
出港地
9時から10時の間にタウンズビル・ブレークウォーターマリーナにてスポイルスポーツに乗船
帰港地
木曜日8時、ケアンズトリニティーワーフにて下船
5月 2021
月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6

お問い合わせフォーム

マイクボールダイブエクスペディションロゴ

ダイブクルーズ予約フォーム

英会話レベルに関して:
MBDEには通常、英語を話すスタッフのみ乗船しており、書類などに関しては英語を読んで理解することが必要です。ボートやダイビングのセーフティーブリーフィングを受ける際には、英語が理解できるか、そうでなければ通訳となる方が同行していることをお勧めします。英語が苦手なダイバーは、安全上いくつかのダイブができなくなる場合があります。
必要である場合、日本人ダイブスタッフをプライベートガイドとして乗船させることは該当クルーズにおける予約状況によって可能ですが、料金表にあるプライベートガイド料金がクルーズ代金とは別に必要となります。予約前に遠慮なくご相談ください。