【マイクボールダイブエクスペディション公式日本語サイト】オーストラリア・ケアンズのグレートバリアリーフ、コーラルシーへのダイブクルーズ

マイクボールの違い

経験

1969年に北部クイーンズランド州で最初のダイブスクールを始めて以来、マイク・ボールはダイバーのために最高のサービスを提供するために努力を続けてきました。 何十年にもわたる経験の中で、私たちは常にサービスを向上させ、洗練させてきました。

私たちは最高のダイブサイトのみを訪れます。

私たちのダイビングは、ケアンズから100マイル以上離れたコーラルシーかグレートバリアリーフのリボンリーフで行われています。 リボンリーフは大陸棚の端に位置しており、栄養豊富な水が湧き上がってきているため、多くの魚や多様なサンゴが生息しています。私たちは、その日の天候に合わせて最適なポイントを選んでいます。

スポイルスポーツ – ダイビング専用のカスタム設計

スポイルスポートのツインハル(双胴・カタマラン)デザインは、より快適な乗り心地のための最適な安定性を提供し、さらにゲストの快適さとプライバシーのための最大のスペースを提供しています。 リラックスできる広々としたサンデッキと、下には3つの専用カメラステーションと淡水シャワーを備えた大型ダイブデッキおよびエントリー/エグジットプラットフォームがあります。

ダイビングの自由度

私たちの安全なダイビングのプロトコールは、あらゆるレベルのダイバーに対応し、必要な人には水中ガイドを提供し、そうでない人にはより大きな自由を与えています。 オープンダイブデッキとソロダイビングでは、潜水時間に制限はありません。 オープンダイブデッキのセッションでは、ダイバーはいつ潜るか、どのくらいの時間潜るかを自由に選ぶことができ、リラックスした気分でダイビングを楽しむことができます。

安全性

安全は私たちにとって最も重要なことです。 私たちのポリシーと手順は常に改善されており、ゲストとクルーの安全なダイビングを確保するために細心の注意を払って見直されています。 私たちは、業界のベストプラクティスとして広く採用されている多くの安全手順を作り上げてきました。 クルーのスキルを常に最新の状態に保つために、安全訓練はエクスペディションのたびに行われ、すべてのクルーが一緒にトレーニングと専門的な開発が行われています。 当社のスポイルスポートは、オーストラリア海事安全局(AMSA)が定めた規則に従って維持されており、調査員による年に一度の検査を含む、最高レベルの船の安全性を維持しています。

クルー

私たちのチームの多くは、長い間マイクボールで一緒に働いてきました。 ゼネラルマネージャーのクレイグ・スティーブンは25年以上の経験を持ち、新しいクルーを採用する際には、すべてのメンバーを厳選しています。その結果、お客様に最高の体験を楽しんでいただけるように、クルーが一丸となって取り組んでいます。

フォトグラファーに最適

スポイルスポートには、フォトグラファーのための専用カメラステーションが2つあります。 水中カメラはレンタル可能で、ダイバーの方には無料の水中写真撮影ワークショップもご用意しています。 さらにスキルアップしたい方には、同行しているフォト/ビデオグラファーがPADIアンダーウォーターフォトグラファーなどのコースを開催することも可能です(別料金)。

各エクスペディション毎に写真コンテストを開催しており、優勝者の写真は「リーフレポート」の一部としてウェブサイトに掲載され、その年のベスト写真を撮影した方にはマイクボールダイブエクスペディションズへの無料クルーズバウチャーが贈られます。

同行しているフォト/ビデオグラファーからクルーズの記録を購入希望の方のために、素晴らしい旅のDVDと写真のCDを用意しています。

リブリーザーサービス

もしあなたが本当にボトムタイムを増やしたいのであれば、リブリーザーを持ってきてください。この記事を書いている時点では、グレートバリアリーフで唯一リブリーザーの資格を持ったスーパーバイザーが常駐しています。

水中と上空からグレートバリアリーフを見る

ケアンズとリザード島の間にあるグレートバリアリーフの上空を低空飛行する「フライ&ダイブ」のアイテナリーをご用意しています。 このフライトでは、リボンリーフに隣接する大陸棚に沿って特別に設定されたルートを飛行し、エンデバー・リーフ(キャプテン・クックが座礁した場所)やエミリー号(リーフの上にある難破船)の眺めも楽しめます。